アトピー性皮膚炎の知識

スポンサードリンク

今回はアトピックドライスキンについてご説明します。

アトピー性皮膚炎の方の肌は、角質が持っている本来の保湿機能が劣っています。また、皮膚のバリア機能も低下して刺激を受けやすい、衣服などの繊維にも敏感に反応しやすい肌になっています。
この状態で肌は、強いかゆみがありカサカサの乾燥した荒れやすい、ブツブツ下肌触りになっています。このような肌の状態をアトピックドライスキンと言います。

アトピー性皮膚炎の患者や皮膚科や病院と言った医療施設を選ぶために、平均9.4件の医療施設を替えている報告があります。アトピー性皮膚炎の患者が、自分にあった医療施設が見つからない現状の結果です。
患者は、医療施設を選ぶときに、自分の人生が左右されるほど大切なものと考えていて、患者が求める医療と、医療施設が提供する医療との間に、差が生じている実態が伺えます。

アトピー性皮膚炎の症状は、感じ個人によって全く違います。この個人差がある症状に対して、治療に使われるステロイド剤の強さにも程度があります。

アトピー性皮膚炎の症状が初期のもので、程度の軽いものであれば、副作用のことを考えステロイド剤は使用せず、非ステロイド剤を使用して経過を見ます。
もし症状が中毒症を引き起こしていれば、ステロイド剤を使用しなければ、改善は望めません。また、強いかゆみには耐えられないでしょう。

アトピー性皮膚炎の治療薬として、ステロイドの外用薬が使われます。このステロイド外用薬は肌はもとより人の身体へも、強い影響を与え、様々な副作用を起こします。
アトピー性皮膚炎の治療薬としては、かゆみお押さえ、炎症も抑えてくれる点では良い薬です。
ただ、副作用とステロイド剤のリバウンドを考えると、試用には十分な注意が必要になります。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の免疫機能が低下して、肌に付着した細菌で炎症を起こし、ウィルスに感染しやすくなります。
もし、細菌による炎症やウィルスによる感染が起こると、様々な合併症にかかります。
アトピー性皮膚炎の合併症には、単純ヘルペスウィルス、白内障、とびひ、みずいぼなどがあります。
それぞれの合併症について、症状を説明していきます。

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、弱くなっていて外からの刺激に対して敏感になっています。
また、肌は常に清潔に保つことが炎症を悪化させないためにも、大切なことです。
入浴の時に使う石けんは、肌に刺激の少ないものを選び、使い方にも注意と工夫が必要です。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。

スポンサードリンク