アトピー性皮膚炎の生活改善

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の症状が出ている間のお化粧は、できる限り避けた方が良いでしょう。アトピー性皮膚炎の治療中に、刺激のあるお化粧は、症状を改善しにくくし、更に悪化させる事態にもなりかねません。
しかし、どうしてもお化粧が必要な方のために、その方法を考えてみましょう。

アトピー性皮膚炎は乾燥した肌が強いかゆみを起こし、身体中に湿しんを広め炎症を起こしやすくします。身体中にできる湿しんが強いかゆみを伴いますので、かゆみに我慢できずかくことで更に肌の傷を深め、肌の炎症を悪化させ広めます。
アトピー性皮膚炎は肌が白い粉を吹いたようにカサカサに荒れ、その中に赤く湿しんを現し、細菌で化膿すると膿(うみ)を出して、ジュクジュクした感じになり、炎症の治りが悪くなります。

アトピー性皮膚炎の方は肌が乾燥しやすく、これが強いかゆみの原因になります。
乾燥した肌はアレルゲンか進入しやすくなることから、肌を清潔にすることと、潤いを持つことが大切になります。これには入浴が重要になります。できればシャワーより湯船につかることがよりよい方法です。

アトピー性皮膚炎の起こる原因には、食物アレルギーによるものがあり、特定の食材がアレルギーを引き起こし、かゆみや炎症を強くする場合があります。
アトピー性皮膚炎の症状を改善するには、日常の食生活や生活習慣の改善が大切になります。その上でステロイド剤を使った治療を行います。ステロイド剤はかゆみを抑え、炎症を改善しますが、こればかりに頼っても完治には至りません。

アトピー性皮膚炎の原因には、食材が関係する食物アレルギーが原因で起こる場合があります。
アレルギーを起こす食材を食さなければ、症状を悪化させることは回避できます。
食物アレルギーの引き起こす食材は、一般的に卵や牛乳、大豆などが主なアレルギーの原因とされています。

切れに洗濯した衣服でも、アトピー性皮膚炎の方が着るとかゆみや炎症を引き起こすことがあります。これは洗剤に配合されている成分や、洗濯で残った残留成分が症状を起こす原因になっています。
アトピー性皮膚炎の方の衣服を洗濯する場合は、これらの残留成分が少なく、刺激と添加物の影響がないオーガニック洗剤が良いです。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。

スポンサードリンク