赤ちゃん・子供のアトピー性皮膚炎

スポンサードリンク

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃんにもアトピー性皮膚炎はあり、生後間もなくの2〜3か月で症状が現れることがあります。
これは乳児アトピー性皮膚炎といい、とても強いかゆみが身体中に広がり、症状が現れたり治まったりを2か月以上繰り返すことが特徴です。


赤ちゃんはすぐに皮膚に症状が診られ、手や脚の関節部分に赤く炎症を起こし、また、耳の付け根のあたりにあかぎれのような、赤く切れたような症状が現れます。
また、赤ちゃんはいつもかゆいので、ぐずってなかなか泣きやまないでしょう。

赤ちゃんが起こすアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーの可能性もあります。
特に注意する食材は、一般的に卵、牛乳、大豆などの入ったものは避けることですが、ただ、まだ母乳だけであれば、医師の診察で適切な診断をしていただくことが大切です。
赤ちゃんの症状は肌の荒れ具合でしかわからず、かゆいかもわかりませんので、アレルギーであってもアトピー性皮膚炎であると判断はできません。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、人がもともと持っている生体反応が過敏に反応することで起こる症状で、免疫機能が過剰に反応した結果であります。
この過剰に反応する物質が特定できれば、アレルギーの原因が判明し症状を改善することができます。

これの症状の原因を特定するには、血液検査や食物アレルギーの検査が必要で、医師の診察を受けて処置を行います。安易に薬を使う治療はかえって悪化する恐れがあります。
自然に治る可能性もありますが、ちゃんとした検査を受けて、適切な処置を行うことが赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の改善につながります。

関連記事

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎
赤ちゃんにもアトピー性皮膚炎はあり、生後間もなくの2〜3か月で症状が現れることが...
子供のアトピー性皮膚炎の原因
子供がかかるアトピー性皮膚炎の原因は、親からの遺伝的要素が大きく関わっています。...
子供のかかるアトピー性皮膚炎
子供のかかるアトピー性皮膚炎の発症は、生後1歳までに発症するといわれます。 これ...

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。

スポンサードリンク