赤ちゃん・子供のアトピー性皮膚炎

スポンサードリンク

赤ちゃんにもアトピー性皮膚炎はあり、生後間もなくの2〜3か月で症状が現れることがあります。
これは乳児アトピー性皮膚炎といい、とても強いかゆみが身体中に広がり、症状が現れたり治まったりを2か月以上繰り返すことが特徴です。

子供がかかるアトピー性皮膚炎の原因は、親からの遺伝的要素が大きく関わっています。
これはその子供がアレルギーを起こしやすい体質であることです。
アレルギーを起こしやすい体質の子供は、アトピー性皮膚炎の他に、気管支炎ぜん息、アレルギー性鼻炎などにかかりやすく、また、IgE抗体を作りやすい体質にもなりやすいです。

子供のかかるアトピー性皮膚炎の発症は、生後1歳までに発症するといわれます。
これは子供に発症するアトピー性皮膚炎の原因が、母親からの遺伝によるものが影響しているからです。
生後1歳までにかかるアトピー性皮膚炎は、発症の仕方が性別によって違いがあり、一般に発症しやすいのは男の子で、回復も早い年齢で治ります。乳幼児が成長するに従って女の子の発症の割合が多くなります。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。

スポンサードリンク