アトピー性皮膚炎とは

スポンサードリンク

大人がかかるアトピー性皮膚炎の主な原因は、食事やストレスといった日常の生活習慣によるもので、これらの刺激が起因して発症します。
また、発症する患者の肌は弱い方が多く、少しの刺激で強いかゆみを伴い悪化する傾向があります。
特に女性の方がアトピー性皮膚炎になる原因として、生理、妊娠、出産が影響している可能性があります。
また、アレルギーの原因では生活環境が影響し、家ダニなどの害虫が起因しています。

アトピー性皮膚炎は幼児期にほとんどが発症しますが、これは遺伝的要素が考えられます。
しかし、大人になってから発症するアトピー性皮膚炎もあります。
これは、幼児期に発症したアトピー性皮膚炎が、一旦完治して再発する場合や、大人になってからの生活環境の変化やストレスが原因で、発症する場合があります。

アトピー性皮膚炎の特徴は、発しんからの強いかゆみがあることで、これを爪でかき皮膚に傷がつき、更に症状を悪化させる、この繰り返しが続く症状が特徴です。
アトピー性皮膚炎の最も多い症状は、顔や首のあたりに皮膚の炎症や、強いかゆみ、肌の乾燥が現れ、ひどくなれば全身に広がることもあります。

アレルギー反応が原因でかゆみなどを起こし、湿しん性の皮膚疾患のことをアトピー性皮膚炎といいます。
アトピー性皮膚炎という言葉は、幼児期から子供に現れる皮膚疾患のイメージがあります。
最近のアトピー性皮膚炎の研究では、発症の原因は遺伝的要因が高いことがわかり、特に母親がアトピー性皮膚炎だった場合、その子供がかかる割合は高くなっています。

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
contact★stateup.com
までお願いします。 ★マークを@に変更してください。

スポンサードリンク